いわゆるネトウヨさんもブサヨさんにも違和感を感じる

ここ数年、ネトウヨ、ブサヨなんてフレーズが飛び交って、在特会だのレイシストしばき隊だとかニュースで見るけど、なんかズレている気がするんだよなぁ。

まぁ、韓国が国としてヒドイのは認めるけど、脅威としては中国の方がダントツで上でしょ。韓国の話ばっかりしても大勢には影響ないと感じるんだよね。

竹島問題はあるけど青瓦台と霞ヶ関は案外良好な関係だって話をどこかで聞いたしね。朝日が従軍慰安婦記事の捏造を認めたけど、実はその当時の韓国の首相もこの記事には怒っていたとラジオで聞いた。

こんな事今さら持ちだされたら政治家としては、それに対応しないといけなくなる。いらんことするな!と怒っていたらしい。あー、そりゃそうだよね。

つまり中国なんかの反日は政府が国民のガス抜きと戦略的にやっているんだけど、従軍慰安婦問題って日本のブサヨさんから持ち込まれたものって理解しているんだけど、そう考えたら日本にも韓国にも迷惑かけているブサヨって何なのって思う。

一方、ネトウヨさんもすぐに在日認定したり、韓国!韓国!と連呼するけど、それよりも経済の方が大事だからね。お金の話というわけじゃなくて、生活がかかっているわけで、これは分かりにくいけど人が死んだりする話だもん。

衣食足りて礼節を知るという言葉もあるように、まずは生活が成り立たないと何にもならないので、まずは経済を立て直す事を国を愛するなら考えましょうよ。