おせちの賞味期限について

おせち料理って昔は年末に作って年始で食べることになるわけですが、
その際に日持ちがするものを当然作っていたはずなんですよね。

ということで、いつだかの年におせちが正月で食べきれなかった場合どれくらいもつだろうと
チャレンジしたことがありました。
かなり無謀な挑戦だったのですが、たしか1週間くらいはまあ問題なくいけたかと思います。
ちなみに市販のおせち料理だと急速冷凍しているところが多いので、1月末まではもつみたいです。

子ども用の素敵なおせち

小さい頃、一度だけ母が楽しいおせちを作ってくれました。それはおせちというより、遠足用のお弁当のような詰め合わせでした。
甘くてグルグルの伊達巻きはダシが効いたおいしい出し巻き卵、海老はエビフライ、昆布巻きはウィンナーのチーズ巻き、私が好きな数の子はそのまま入っていました。

私が一番嫌いだった黒豆は豆大福となって、素敵なデザートに変身しました。
あの夢のようなおせちが食卓に出たのは一度だけでしたが、母の頑張りには今でも感謝しています。

おせちは生協で買うことが多いです

おせち料理は、生協やスーパーで買った小分けした正月の煮物や黒豆、カズノコ、ごまめを使っています。大変便利です。最近は作ることがなくなりました。お正月は自分も少しゆっくりしたい気持ちがあります。朝も遅くまで眠りたいです。そんな時には好都合です。お雑煮だって作らないといけません。主婦はゆっくりと過ごせません。かまぼこも生協であれば買い忘れがないように何度も連絡してくれます。進められて購入したものもおいしいです。